使わなきゃ損!看護師復職支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の国家資格は持っているが、実際には看護師として働いていない看護師達を「潜在看護師」と呼びます。その数は70万人と言われており、年々増加の傾向にあります。

結婚や出産、子育てなどが主な理由だと言われていますが、看護師不足の現在の医療現場においては非常に心強い戦力となります。この「潜在看護師」をどのように現場復帰へさせるかということが、国を挙げて取り組まれているのをご存知でしょうか。今回はこれらの看護師の復職支援に関してまとめてみたいと思います。

 

ブランクがあるから不安…

医療現場は日々進歩しています。復職を考える時にまず不安になるのが現場から離れている時間「ブランク」ではないでしょうか。自分が働いていた時と今の医療は変わっているから不安。新しい治療や看護のついていけないのではないか。以前は出来ていたことが現場から離れてしまって出来ないのではないか。様々な不安があると思います。

しかし、これまで経験してきたキャリアや国家資格を活かし、ブランクを乗り越えて現場に復帰している看護師も増えてきています。そんな復帰しいている看護師の多くが利用しているのが様々な復職支援です。まずは勇気を出して復職への扉を叩いてみませんか?

 

 

復職前に抑えておきたいポイント

復職を決めたなら、まずは事前に抑えておきたいポイントを確認してみましょう。

  • どんな勤務形態で働く?

各医療機関や介護施設は様々な工夫をして人材確保に動いており、看護師の勤務形態は非常に複雑になってきています。働く側の看護師にとっては色々な選択肢があるのは嬉しい事ではありますが、まずは自分がどのような勤務形態なら無理なく働けるのかをしっかりと考えてみてください。フルタイム、夜勤の有無、夜勤体制(2交代・3交代)、短時間、週数日、土日祝休みなど、選択肢は様々です。もちろんそれに伴って収入も変わってきますが、まずは無理なく働ける時間から始めてみることが大切です。家族や周囲の人の協力を得ながら働く人は、その方達も含めて相談してみてください。せっかく復職しても無理な勤務形態で結果的に退職という場合もあるようですので、無理なく働ける勤務形態での復職をお勧めします。

 

  • 働きたい勤務場所は?

勤務形態同様に、看護師が働ける場所も様々です。大学病院、総合病院、クリニック、個人病院、介護施設など色々な場所で看護師は募集されています。自分自身がこれまで経験したことのある場所(診療科)であれば、多少不安は軽減できるかもしれません。もちろん、自分自身が経験したことのない場所へ心機一転挑戦するのも良いでしょう。現在多くの看護師募集要項の中には「ブランクさん歓迎!」という文字をよく目にします。これらのブランクさん歓迎として看護師の採用をしているところでは、復職支援の教育体制を整えている場合が多いです。復職が不安な方には心強い募集といえるでしょう。自分自身がどのような環境で働きたいかということも、復職前にしっかりと考えておきましょう。

 

引用元 mawo.info

 

復職支援プログラムって何?

潜在看護師の復職を支援する目的で、日本看護協会では「復職支援プログラム」を実施し

ています。このプログラムは全国の都道府県に設置されているナースセンターや、実際の

医療機関を使い、研修会や看護実習を行っております。現在の看護や医療の動向などの知

識的な研修から、具体的な看護技術を実践する研修など、様々な企画で開催されていま

す。復職を考える多くの看護師が利用しているので、まずは看護協会へ問い合わせてみてください。またインターネットでも情報発信されているので、こちらもチェックしてみてください。インターネットでも情報発信されているので、こちらもチェックしてみてください。また各病院、施設独自に復職者を対象とした研修を実施しているところもあります。基礎的な看護技術、看護や医療の情勢の説明、看護計画や看護記録の立案や記載方法など、基本的な内容から応用まで色々な内容で研修実施されているようです。施設によってはプリセプター制度を適応してくれたり、新人看護師の研修に一緒に参加し、技術や知識を再確認させてくれる施設もあるようです。看護協会をはじめ、多くの病院が休職中の看護師の復職を支援してくれます。こちらも是非、利用してください。

 

参考サイト

日本看護協会  https://www.nurse.or.jp/nursing/nc/saishugyo/index.html

 

 

どこで仕事を探せばいいの?

 

復職を決意したら、次は就職先を探しましょう。しかしどこで探せばいいのか分からないという方はこちらを参考にしてください。

  • ハローワーク(公共職業安定所)

自宅近隣での就職を考えているならまずこちらです。看護協会とも連携を取っており、ナースセンターの相談員が巡回相談を行っており、復職に対しての色々な不安を、直接相談をすることができます。

 

  • e-ナースセンター

日本看護協会が運営する無料職業紹介事業です。看護協会への入会や事前の登録などが必要となりますが、自分自身の希望に合わせた就職先を紹介してくれます。インターネット上で情報収集することが可能で、自分のペースで仕事を探すことができます。看護協会が運営しているという点が安心できますよね。

 

 参考サイト

 e-ナース  https://www.nurse-center.net/nccs/cm02/cmd0931

 

  • 看護師就職サイト

CMなどで最近よく目にする、看護師転職・就職サイトでも様々な条件に合った就職先を紹介してくれます。専任のコンサルタントが対応してくれ、ブランクがあるということを事前に伝えれば、復職者研修を実施している病院なども紹介してくれます。非公開の求人情報などもあり、数多くの就職先に対応しています。1社ではなく数社で相談するとより様々な情報が手に入ります。

 

 

復職への道は決して簡単なものではありません。ブランクがあるということは本当に不安なことだと思います。でも現在はそんなブランクのある看護師の復職に関して多くのサポート体制が整っていると言って良いでしょう。多くの潜在看護師がそれらを利用して、現場に復職しています。

本当に看護師という仕事が嫌いならば、復職は考えないと思います。今もし少しでも復職を考えている方がいるのであれば、絶対に復職すべきです。大変な事も多いと思いますが、それ以上のやり甲斐や、充実感、看護師としての様々な喜びを、必ず感じることができると思います。勇気を出して!もう一度看護の世界に戻ってきてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

   

   

コメントを残す

*