認定看護師を目指すシングル子育てママ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
認定看護師

[Question]
「認定看護師を目指すシングル子育てママ」

私は認定看護師を目指すシングルママですが、次のことでアドバイスをお願いします。私は20代の頃は循環器を中心に働いていました。30歳のときにオーストラリアの看護大学へ留学しました。外国での勉強はかなり大変でしたが何とか頑張って卒業しました。若かったので頑張れたのだと思っています。

帰国後、残念ながら留学経験は生かされていません。というよりも生かす方法が見つからないのです。現在でも生かす方法をずっと模索しています。

帰国してからは大学病院に勤務しましたが、そこで結婚し、出産して離婚しました。それで実家へ戻り、現在は救急センターで働いています。夜勤の時は息子を病院の託児所へ預けて働いています。ということで現在まで、通算13年間看護師をやっています。

親になってから小児看護に興味を持つようになり、認定看護師の資格を取りたいと考えているのですが、いろいろと悩んでいるのです。次のようなことです。

半年以上、実家から離れて研修場所で生活出来るのだろうか? 40歳近い年齢になって勉強が頭へ入るのだろうか? 実習や座学に付いていけるのだろうか? 子供の面倒をしっかりと見ることが出来るのだろうか? どちらも中途半端になってしまわないだろうか?

私としましては、どうしても勉強したい気持ちがありますし、それにもちろん子供もしっかりと育てなければなりません。子育てとキャリアアップを両立させた方どうかアドバイスを下さい。お願いします。

[Answer]

2人の看護師さんを紹介いたします。1人は1歳2カ月の子供を持つ看護師歴9年のママさんです。彼女は研修所まで新幹線で通学していました。子供は、旦那さんと実母に面倒を見てもらっていました。実習や学会で帰れない場合もあったそうでが、家族で調整して何とかやりとげたのです。

2人目は看護歴6年のママさんです。バツイチで子供を育てながら仕事をしていましたが、認定看護師の研修を受けることになったのです。実母が子供の面倒を見て、自分自身は研修所の近くで下宿をしていました。子供の顔を見るのは土日に帰宅したときだけです。

座学も実習も、もの凄い負荷を感じましたし、頭が悪いのでテストや課題が大変でした。本当にギリギリな精神状態でした。家に帰って子供の顔を見ることが出来なかったら、もう崩壊していたかもしれません。

今となってみればあの時の経験は宝物です。あの時の事を思えばどんな悩みも小さく見えます。あの時に勉強を助けてくれた友達は、一生の仲間になっています。

もうお分かりだと思いますが、2人目とは私のことなのです。私自身の体験というのが、そのまま、私からのアドバイスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

   

   

コメントを残す

*