妊活を応援する葉酸は美容にも効果的な万能アイテム!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代、30代の最大のイベントは結婚、出産だと思います。「妊活」という言葉がはやっているように、現在では上手に妊娠、出産を行うことが社会的なニーズになっています。元気で丈夫な赤ちゃんを産むために、何ができるのかいろいろな角度から検証されています。

その中で「葉酸」というものがクローズアップされているのはご存じでしょうか。

実は、これによって妊娠の可能性が高くなり、なおかつ赤ちゃんに障害などが出るリスクを減らすことができるのですが、そのほかにも美容に役に立つ万能アイテムとして是非ともご紹介したく、この記事を書かせていただきます。

葉酸と妊娠、出産

「葉酸」という栄養素があります。これはビタミンBの仲間で、主に新陳代謝を活発にして、貧血を予防する効果があるものです。

(1)妊活と葉酸

葉酸は通常の成人男女の場合、1日に200μgという量の摂取が必要なのですが、妊活中の女性や妊婦さんの場合、その倍の400μgの摂取が必要だと、厚生労働省が基準として示しています。

これは、義務というわけでもなく、このくらい摂取したほうが、妊娠しやすくかつ安心して出産できるという目安になっています。通常の食生活の改善だけでは、なかなか難しいため「葉酸サプリ」という形で摂取していただくことをお勧めしています。

実際、女性向けの葉酸サプリがさまざまな種類発売されていて、各メーカーが競ってPRしています。

(2)なぜ葉酸が妊活によいのか

葉酸が妊活、および妊婦さん勧められる理由は以下の2点に集約されます。

  1. 造血効果
  2. 貧血を防止して、血液を作る効果があります。妊娠中はお腹の赤ちゃんの分も血液が必要になります。ただでさえ、女性は貧血になりやすいので、それを防止して赤ちゃんにしっかりと栄養を与えるために不可欠なものとされています。

  3. 妊娠力を高める

葉酸を摂取していると妊娠しやすくなります。具体的には、卵子の染色体異常のリスクを減らして、受精しやすくするとともに、その後子宮内に着床しやすくする効果があります。

つまり、妊娠の可能性を高くして、合わせて流産のリスクを減らします。

さらに効果的なのが、染色体異常のリスクを減らすために、遺伝病やダウン症など先天的な障害を持った赤ちゃんが生まれてくる確率を減らします。これらの先天的な病気は受精時に決定してしまうため、妊活中からそのリスクを減らしておく必要があります。

葉酸サプリを妊活中から飲んでいることによって、安心して妊娠することが可能になります。だいたい、妊活を始める1か月前からサプリを飲んでおくとよいといわれています。

葉酸の美容効果

実は葉酸は妊活だけに効果があるのではありません。美容効果も高く、そちらも大いに期待してください。ここで葉酸の効果をもう一度確認しておきます。

  1. 造血効果
  2. 新陳代謝促進効果(細胞分裂の促進)
  3. これは赤ちゃんに対してよい効果があるだけではなく、妊娠関係なく美容効果が期待できるものです。その理由を順にご説明します。

    (1)造血効果とホルモンの分泌

    十分に血液がある=貧血ではないということは、実は美容にとって重要なことになります。女性は女性ホルモンの働きによって、バストアップや美肌を実現しています。

    月経時に肌が荒れることが多いのは、この女性ホルモンのバランスがおかしくなるためなのですが、血行がよいと、この女性ホルモンが十分に全身に行きわたることができます。

    その結果として、バストの状態を維持することや、みずみずしい肌を保つことにつながります。これは妊娠関係なく女性にとっては重要なことですよね。

    (2)新陳代謝とアンチエイジング

    もう1つ、葉酸の効果があります。

    それが細胞の新陳代謝の促進です。赤ちゃんの場合、受精卵から成長していく過程で、細胞分裂をしていくわけですが、そのために役に立つ葉酸は、美容にとっても好ましいものになります。

    「ターンオーバー」という言葉をご存じでしょうか。人間の肌の細胞は、実は絶えず細胞分裂をしていて新しい細胞と入れ替わっています。傷がついたり、火傷をしたりしても、1か月もすると消えてなくなるのは、細胞分裂によって新しい細胞になっているからなのです。

    これは肌が傷ついた場合だけでなく、シミやニキビができた場合も同様で、若いうちはすぐに消えてなくなりますが、その細胞の新陳代謝のスピードが鈍るのが20代後半からです。つまり、1度シミなどができてしまうと、なかなか消えずに残ってしまいます。

    この新陳代謝の機能を維持できるのが葉酸です。肌のアンチエイジング効果を葉酸によって高めることができます。

    まとめ

    葉酸の限度量は1日1000μgといわれています。つまり、妊娠関係なく1日400μg飲んでいても全く問題はないということです。美容以外にも葉酸には健康効果があるため、是非ともお勧めしたいということになります。

    「妊活するぞ」と決める以前に、結婚したら、あるいは独身のうちから葉酸サプリを飲んでいるだけでも、美容効果は高くなります。

    そして、いざ妊活をする場合にも、既に妊活モードの体が葉酸によってできているため、スムーズに取り組むことが可能になります。

    というわけで、万能サプリの葉酸、いかがでしょうか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

   

   

コメントを残す

*