精神科看護師の1日の業務の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
精神科看護師

[Question]
「精神科看護師の1日の業務の流れ」

精神科の看護師の方に質問いたします。精神科での1日の業務の流れを詳しく教えて下さい。

[Answer]

先ず外来の場合では、定時に仕事を始めて定時に帰るという毎日です。主な仕事は掛かってきた電話の応答であり、血液検査の準備がけっこうあります。

病棟の場合では、普通は3交代、つまり日勤、準夜勤、深夜勤と3つに区分けされています。日勤の場合は、先ず深夜勤からの引き継ぎをして、患者さんに対して熱や血圧を測定し、同時に便の回数を質問し、さらにはこの機会を利用して患者さんの悩み事を聞きます。

他の仕事は、医師との連絡、つまり患者情報の提供や薬の確認などをします。準夜勤と深夜勤も同じような業務になり、これは開放病棟も閉鎖病棟も同じような業務です。すなわち、精神科も他の科と同じような業務ということになります。

入院していて感じたのは看護師さんの優しさです。看護師というのはとても有意義な仕事だと思います。看護師の資格をお持ちならばぜひ活かすべきです。個人病院がいいかそれとも大病院がいいかなど、いろいろ選択肢はあると思いますので、自分の性格に合った働きやすい職場を見つけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

   

   

コメントを残す

*