手術室看護って面白い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病院内での看護師の仕事といえば、病棟や外来などでの勤務が一般的なイメージかもしれません。

しかしその他にも沢山の部署で看護師は活躍しています。

そんな中でも今回は手術室看護師の仕事、看護についてまとめてみたいと思います。

 

手術室看護師って怖い?

手術室といえばなんだか怖い、覚えることが沢山あって大変そうというイメージが先行しがちなのが悲しい事実です。

医療系のドラマで活躍するオペ看のお陰で、そのイメージはカッコ良いもの!?になりつつあるかも知れませんが、その実態は手術室を経験した看護師しか分からない部分は多いかと思います。

帽子やマスクで顔は隠してますが、決して怪しい集団ではありません。私も学生時代は手術室の実習で、緊迫した雰囲気と、無駄な会話も一切なくキビキビと動く看護師さんの姿に圧倒され、怖い場所だと思っていました。

この時はまさか自分が働くことになるとは夢にも思っていませんでした。

私同様に、手術室=怖いというイメージを持っている看護師は非常に多いように思います。確かに病棟や外来などとは違い、特殊な環境の中での勤務ではありますが、やはり誰もが簡単に立ち入れない閉鎖された空間であることがその要因であるように感じます。

決して手術室は怖いところでもありませんし、そこで働く看護師もきっと優しい人ばかりですよ!

2

手術室看護師の業務って?

手術室の業務って具体的にどのような物があるのでしょうか?

各診療科毎に行われる手術の準備、実際の手術の介助が一番の業務になります。

これ以外には手術器具の洗浄や滅菌、手術室の清掃や物品、薬品の管理なども手術室看護師の業務になります。手術中の看護記録の記載、術前術後の患者訪問、看護計画の立案なども行います。

どこの施設も看護師不足が大きな問題となっていますが、この波は手術室ではより深刻かもしれません。手術室で必要とされている看護師数は、病棟などとは違い規定がありません。その結果、多くの施設が人員補充は病棟が優先となってしまい、手術室はマンパワー不足になっている所が多いように感じます。

限られた人数の中で、安全に手術を行うことができるように、効率化や標準化などの業務改善を行うことも、手術室では大事な業務だと言えるでしょう。

3

手術室の看護って?

手術室では病棟や外来とは違い、患者さんと十分なコミュニケーションをとったり、ゆっくり時間をかけた看護の展開はできません。患者さんは麻酔で眠ってしまう場合が多く、会話ができない時間がほとんどです。また実際に患者さんに関われる時間は手術の間だけと限られた時間になってしまいます。

そんな理由から「手術室で看護実践はできないのではないか」と言われてしまうこともあります。手術室に配置されて間もない頃は、患者さんと関われていない、器具や手術を覚える事ばかりに追われてしまう、手術室での看護ってなんなんだろうと疑問を感じる事も多いと思います。実際に私もそうでした。

しかし手術室の看護が見えてきた時、それは手術室看護師として一人前に近づいた証拠だと言えるでしょう。手術室に入室してくる患者さんが、安全、安楽に手術を受ける事が出来るように、最高の手術が行える環境を「様々な面」で整える事こそが、手術室看護の基本です。

患者さんの状態は様々です。また同じ術式であっても、患者さんが違えば疾患の状態や手術内容も違います。同じ手術は絶対にありません。患者さん個々に合わせた最高の手術環境を提供できる看護師を目指し、知識や技術を磨き、経験を積み重ねていくことが大切なのです。

 

4

手術室看護師に忘れて欲しくないこと

手術を受ける患者さんに不安を抱かない人はいないでしょう。その不安を少しでも減らしたり、和らげたりすることも手術室看護師の重要な役割です。

手術同意書には術式の内容だけでなく、様々な副作用も記載がされています。文字通り「命がけ」で手術に同意をします。そんな命をかけた患者さんを目の前にした時、自分自身がただのルーティーンな業務として手術に立ち会う事は非常に失礼なことだと思いませんか?

手術に立ち会う看護師にも、命をかけた患者さんに負けない覚悟で、手術に望んで欲しいのです。そう言う覚悟が無ければ、最高の手術環境を提供する事はできませんし、手術室看護師として面白さを見出すことも、成長することもできません。

自分が手術を受ける立場なら、どんな看護師さんに立ち会って欲しいか。それこそが自分が目指すべき手術室看護師の理想ではないでしょうか。

 

5

手術室看護に向いてる?向いてない?

手術室看護師として働くという事は、やはり特殊な環境での勤務となる為、「向き」「不向き」はあります。

限られた時間の中で、患者さんに対して時間をかけてじっくり看護を展開する事は出来ません。ゆっくりとした時間も基本的に手術中は存在しません。その限られた時間の中で自分自身がどんな看護が提供できるのかと考えられる人は、手術室看護師に向いているといえるのでは無いかと思います。

また、「血」が苦手という人は残念ですが手術室看護師には向いていないと言えるでしょう。実際に看護師でありながら、血液が苦手、傷口などが苦手という人はいます。実習中にそれが原因で倒れてしまった学生もいます。

手術室看護に興味がある!と言える人も向いているでしょう。術後の看護を病棟で実践していく中で、手術室看護に興味が出てきた。入院から手術、退院までの全体を関連付けて看護を深めたい。自分自身が手術を受けた時に手術室看護師に興味を持った等、理由は様々でも、手術室看護に興味を持っているのであれば私は向いていると思っています。向いていない人はまず興味すら持ってもらえません。

6

 

私は10数年、手術室を経験し、これまで多くの手術に携わってきました。しかし患者さんにとって最高の手術が提供できたと言えることは数えるくらいしかありません。もう少しこうしておけば良かった、こんな関わりができたのではないかと、反省ばかりの日々だったと思います。

「1分1秒」手術が早く終われば、患者さんの侵襲を減らすことができる。心配して待つ家族の所に患者さんを送り届けることができる。機械出しの時、部屋や手術器具の準備の時、手術中の展開への対応、様々な面において患者さんの安心と安全と、最高の手術環境を提供するために看護を展開する。

面白いという表現は不謹慎に聞こえるかも知れませんが、私はそんな自分自身を高めることのできる手術室看護は奥が深く、面白いと思っています。最初は手術室が怖いと思っていた私ですが、その面白さは保証します!1人でも多くの看護師が手術室看護に興味を持ってくれ、一緒に働くことができれば本当に嬉しいことだと思います。

SNSでもご購読できます。

   

   

コメントを残す

*