看護力向上いいんかい

長谷川式認知症スケールで配慮する5つのポイント!

「もしかして認知症かもしれない」と疑ったとき、認知症検査といえば「長谷川式認知症スケール」を思い浮かべる医療者の方々が多いかと思います。

認知症は早期発見が大切ですといわれていますが、もし私が突然!テスト形式で、しかも密室で「認知症の検査を受けますよ」といわれたら。きっと緊張したり、「早く終わってほしいな。」「やりたくないな。」と感じることでしょう。

それと同様に高齢者も同じ気持ちです。そのため認知症の検査で最もナースが意識しておくことは、対象者の精神的な配慮になります。

検査時の「不安な気持ち」や「疲れ」に気を配りながら適切な質問ができる5つのポイントをご紹介いたします。

長谷川式認知症スケールってなに?

高齢者の中から認知症高齢者をスクリーニングする検査のことです。

43年前に長谷川和夫先生が開発し、現在は1991年に改訂された「改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R:Hasegawa dementia rating scale-revisedの略)」が、日本の病院や高齢者施設などで広く使用されています。

検査内容は9設問からなります。「今日は何年何月何日、何曜日ですか?」といった記憶に関する質問に回答してもらい、認知症か否かを判定します。

判定は30点満点中20点以下が認知症の疑いがあると考えます。

また総合点の結果のほかに、どのような認知機能が低下しているかも把握できるようになっています。

各設問で把握できること

・問1 名前の見当識  自分のことや、自分が置かれている状況認識をみます。

・問2 日付の見当識  目的やスケジュールなど計画を立てられるかなどの遂行機能もみます。

・問3 場所の見当識  これが答えられないとき、不穏やせん妄などの症状も合わせて注意してみてください。

・問4 聴覚性記憶   耳から聞いた新しいことを覚える能力をみます。サイレンがきこえてもサイレンと分からなくことと関連します。

・問5 知的能力    順序立てる能力をみます。料理をつくることなどと関連します。

・問6 記憶と作業   記憶を保持する能力と並行して作業ができるかをみます。

・問7 聴覚性記憶   記憶を保持する能力と物事を結び付ける能力をみます。

・問8 視覚性記憶   眼で見た新しいことを覚える能力をみます。道に迷いやすくなったり、同じものを買ったりすることを関連します。

・問9 言語の流暢性  知識量ではなく、言葉のスラスラでてくる程度をみます。

メリットは、ベッドサイドで行うことができ、5分程度の短時間で評価できます。

デメリットは、言語的な質問でやりとりしますので難聴の方や失語症の方はハードルが高いです。また動作性の認知機能は評価できません。

改定 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)(表1) 

http://www.medica-site.com/special/img_special069/hasegawa.pdf

長谷川式認知症スケールで配慮する5つのポイント

1)本人の了解を得て、はじめと終わりを大切に。

「認知症の検査をします。」といきなり言うと高齢者は構えてしまいますので、「最近物忘れが気になったり、不安なことはありませんか」と前置きをしてから、長谷川式スケールの説明をして了解を得ましょう。

終了時も、「疲れましたか?」など世間話をして、検査の嫌な気分のまま終わらないようにしてあげましょう。

また人によっては、「こんな簡単な質問を聞いてきてバカにしているのか」と自尊心を傷つけたり、そもそも質問されること自体が苦手な方もおられます。

実施頻度は、リハビリ目的で何度も行わないことです。年に1回程度かもしくは特別にしなければならないときのみです。

テストを受けさせられるというのは、本人からすればストレスになりますので、ご本人の体調がよく、他の人がいない静かな場所で行うのが良いです。

2)この検査だけで認知症かどうか決めない。

数値を単独でみるのは誤解のもとになりますので総合的な判断が必要になります。

結果は本人の教養や生活環境で左右されますし、体調が悪い時、鬱っぽい時、せん妄状態などでも点数が低い場合があります。

認知症の検査は、一般所見、神経学所見をとり、血液・画像検査をします。また他の疾患(甲状腺機能低下症、慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、鬱病)などが隠れていないかなど総合的にみていきます。

また長谷川式認知症スケールは、30点満点中20点以下を認知症の疑いとしますが、「21点だから大丈夫。20点以下は認知症です。」と100%区別する境界ではありません。あくまでも判定精度がもっとも高いという意味で理解されてください(感度93%、特異度86%)。

3)質問者が間違いやすい設問5「それから7をひくといくつでしょう?」

設問 5は計算問題です。

正しい質問の仕方は、「100 引く 7 はいくつですか?」と問い、「93」と答えが出たら、「それから7を引くといくつでしょう?」と聞きます。

間違った質問の仕方は、「100 引く 7 はいくつですか?」と問い、「93」と答えが出たら、「93から7を引くといくつでしょう?」と聞きます。

この質問は計算ができるかどうかを知りたいのではなく、「93」という数字を頭の中で記憶保持し、そして「7を引く」という作業を同時に並行してできるかどうかが知り得たい情報になります。

4)設問6は、ゆっくり1秒間隔!

設問6は数字の逆唱です。

はじめに「私がこれからいう数字を、逆から言ってください1 2 3」と伝えます。

数字は約1秒の間隔をおいて伝えて下さい。言い終わったところで逆から答えてもらいます。

時々、すごく早口で数字を「123」と伝える方がおられますが、これだと一つのまとまったワードで頭の中に入ってしまい意味合いが変わってしまいます。

5)小道具は、対象者にとって馴染みあるものを選びます。

施設や病院には、すでに小道具セット(鉛筆、カギ、スプーン、歯ブラシ、腕時計)が準備されているところが多いかと思います。

しかし高齢患者の中には、認知症とは関係なく「普段使わないから忘れた。」という方々もおられます。

施設に入るとカギは不要ですし、総入れ歯の方は、歯ブラシを使用していないこともあります。

すでにある小道具セット以外のものを使用してもよいですので、テストをうける方の馴染みのある物品が良いかと思います。

ただし注意点は、消しゴムと鉛筆など連想させるものは避け、関連性のないものが適しています。またタバコなど嗜好品は人によって集中力を欠きますので避けた方がよいです。

まとめ

認知症は早期発見が重要で、長谷川式スケールは判断材料の大切な一つになります。

早期に認知症とわかると、治療により進行を遅らせることができます。その分、ご本人の意志を尊重する生活を延長し、家族や介護者にあらかじめ心積もりする知識や準備時間が作れます。

検査結果は「この方は認知症です。」と選別します。しかし、結果の目的を判断材料としてだけでとらえず、認知機能の弱み強みをみつけて、家族を含め「より豊かな生活をするために」必要な情報として活用されてください。

 

下記の文献やサイトを参考に記事を作成しました。

認知症疾患治療ガイドライン2010 – 日本神経学会 https://www.neurology-jp.org/guidelinem/nintisyo.html

改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)http://www.medica-site.com/special/img_special069/hasegawa.pdf

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

急な入院でも失敗しない!アナムネーゼ聴取のコツと注意点

事前に入院が決まっている時などは、一日の予定としてアナムネーゼ聴取もやりますが、夜勤や人が少ない時で忙しい時に聴取しないといけない時もあります。効率よく、失敗せず情報収集できるよう今回はアナムネーゼ聴取のコツと注意点をお送りしたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

どう接したらいい?認知症で暴言・暴力がある患者さんへの関わり方

高齢化が進む中、認知症患者さんはどんどん増えています。病院に入院している患者さんも、内科・外科等の診療科に関係なく、認知症患者さんは必ずといっていいほど入院していると思います。

看護師はそんな認知症患者さんへの関わり方も十分心得ているかと思いますが、それでも対応に四苦八苦してしまう症例として「暴言・暴力がある患者さんへの関わり」が挙げられるのではないでしょうか。

認知症の症状として、記憶障害・見当識障害・徘徊・妄想・せん妄・幻覚・鬱・睡眠障害など様々ですが、その中でも暴言・暴力のある患者さんに対しては、治療に必要なケアも拒否が強く、全く何もさせてもらえなくてどうしたら良いのか・・と途方に暮れてしまうこともあるでしょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

褥瘡の申し送り方法で気を付けるべき7つのポイント!

褥瘡の状態や処置方法について申し送りを聞いていると、この看護師さんはわかりやすい、この看護師さんはわかりにくいと感じたことはありませんか?

「褥瘡の滲出液は中等量です。」と申し送られた時、中等量ってどの程度だろうと、いちいち確認するのはめんどうですよね。

また慣れた看護師ほど、このくらいわかっているだろうと丁寧な説明を省いていることもあり、ベテラン看護師内は理解できるけれど新人であればあるほど、実は分からないものです。

でも、ちょっとした心がけ一つで、相手にわかりやすく伝わる方法があります。チーム内で迅速で正確な情報共有ができるよう、褥瘡の申し送りで気を付けるべき7つのポイントをDESIGN-Rからご紹介いたします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ソーシャル・スキル・トレーニング(SST)とは?

SSTとは

ソーシャルスキルとは、対人場面において、相手に適切に反応するために用いられる言語的・非言語的な対人行動のことで、その対人行動を習得する練習のことをソーシャルスキルトレーニング(SST)といいます。簡単に言うと、「人と上手に関わる技術」のことです。

近年では、発達障害のある子どもなどに対して効果があるとされ、学校や療育施設、病院などで取り入れられています。今回は、発達障害のある子どもを対象としたSSTについて考えてみたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

患者の特性に応じた口腔ケアのポイント

口腔ケアは、口腔内の清潔を保つために行われるケアの一つですが、汚れを取り除くだけの目的ではありません。また患者さんの状態に応じて、その手法や注意すべき点があります。

今回は患者さんの特性に応じた口腔ケアのポイントをまとめてみたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今さら聞けない「嚥下障害」のメカニズム

嚥下とは、食べ物や飲み物を飲み込む事ですが、その行程は実は非常に複雑な働きにより行われています。

様々な疾患により、この嚥下機能が低下している状態を「嚥下障害」と呼びますが、嚥下障害のメカニズムついて解説していきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

看護師の仕事は多重課題の連続!

私は、乳幼児の外科と内科の混合病棟に勤務していたため、手術患者さんの術前・術後の看護ケアや、長期入院患者に対しての看護ケアなど日々忙しい毎日を過ごしていました。

小児看護は、幅広い年齢からみた多種多様な疾患のことだけでなく、子どもの成長・発達の面からも看護を提供しなければなりません。

また、看護の対象が子どものため、家族の協力が必要不可欠です。この点が成人・老年看護と大きく異なり、通常の看護技術だけでなく、子どもの心の問題の理解や、家族への指導など、さまざまな点に配慮していかなければいけません。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

認知症に対する「バリデーション療法」とは?

2012年時点で全国には約462万人の認知症高齢者がいると推計されており、2025年には700万人を超えるといわれています。

また、65歳以上の高齢者のうち、5人に1人が認知症に罹患すると予測されています。現在の医療現場でも、認知症を患っておられる患者さんと関わる機会は多いのではないでしょうか。

そんな認知症の患者さんに対して実践されてる「バリデーション療法」を皆さんはご存知でしょうか?今後の超高齢化社会において、さらにその必要性や役割が期待される「バリデーション療法」について解説していきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

必見!現役看護師が活用している書籍5選

今は何でもスマホやインターネットで調べることができる時代です。医学が看護系の書籍は高額なものも多く、なかなか手が出ないものも多いです。インターネットの活用も日々の業務の中でちょっと確認をしたり、調べたりするには便利ですが、看護のスキルアップには、やはり「書籍」が有効なツールになるのではないでしょうか?

自分の興味があるもの、知識やテクニックを身につけるためのもの、看護、医療系の雑誌など、さまざまな書籍が販売されていますが、皆さんはどのような書籍を活用されていますか?今回は私を含めた現役看護師が活用しているオススメの書籍をご紹介したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今さら聞けない感染症 「プール熱」ってなに?

毎年夏の時期になると流行する病気に「プール熱」があります。よく聞く病気ではありますが、その詳細は意外と知られていないみたいです。今回は特徴的な症状を引き起こす「プール熱」について、その詳細を詳しく解説したいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新人看護師必見!学校では教えてくれないベテラン看護師の採血の技

医療事故

 

新年度スタートして、約3ヶ月以上が経ちました。

新人看護師のみなさま体調は崩されていませんか?

 

習得すべき知識や技術がたくさんある中、夜勤業務もスタートした頃かと思います。

夜勤がスタートし、一番最初の技術の難関は、

「朝の採血がスムーズにできない。」

「採血の人数も多いし、なかなか採血がとれなくて難しい患者さんもいて、朝の申し送りまでに業務が間に合わない!」

採血に関わる問題ではないでしょうか?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

使わなきゃ損!看護師復職支援

看護師の国家資格は持っているが、実際には看護師として働いていない看護師達を「潜在看護師」と呼びます。その数は70万人と言われており、年々増加の傾向にあります。

結婚や出産、子育てなどが主な理由だと言われていますが、看護師不足の現在の医療現場においては非常に心強い戦力となります。この「潜在看護師」をどのように現場復帰へさせるかということが、国を挙げて取り組まれているのをご存知でしょうか。今回はこれらの看護師の復職支援に関してまとめてみたいと思います。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

今更聞けない「先進医療」

生命保険の補償内容や特約の中に「高度先進医療」「先進医療」という文字を目にします。最先端の医療に対しての補償であることは、何となくイメージできますが、その実際は一体どのようなものなのでしょうか。今回はそんな今更聞けない先進医療についてまとめてみたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

手術室看護って面白い?

病院内での看護師の仕事といえば、病棟や外来などでの勤務が一般的なイメージかもしれません。

しかしその他にも沢山の部署で看護師は活躍しています。

そんな中でも今回は手術室看護師の仕事、看護についてまとめてみたいと思います。

 

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0